news-details
子供の受賞者の著者は3月末に病院に入院しましたローゼン氏がコロナウイルスに苦しんでいたかどうかは確認されていません彼はロンドン北部のウィッティントン病院で集中治療に47日間費やしましたCovid-19の影響を受ける人々を支援するためにMailonlineのSam Blitzが公開:2020年5月23日19:10 BST |更新日:19:11 BST、2020年5月23日著者、マイケルローゼンは、クマ狩りに参加するなど、いくつかの児童書を執筆し、47日後に集中治療を終えました。コロナウイルスのような症状に苦しみ、3月29日、健康状態が悪化したため、ICUに急送された3月の週。彼の妻であるEmma-Louise Williamsは、土曜日に2度の児童受賞者が集中治療を受け、病棟で回復を続けます。2回の子供賞受賞者のMichael Rosen(写真)は、8週間の緊急治療後に集中治療を終えました。著者がコロナウイルスに苦しんでいたかどうかは確認されていないローゼン氏は、3月下旬に入院して以来、ロンドン北部のウィッティントン病院で8週間過ごした。病棟での回復を続けるが、作者が実際にコロナウイルスに感染したかどうかは確認されておらず、ローゼン氏は3月に重症インフルエンザであった可能性があることを確認した。ラジオプロデューサーとして活躍するウィリアムズさんツイッターで公開:「今日のマイケルは8週間入院していて、47日間長く困難な後、昨日ICUを去ったと言って私はとても嬉しく思います。」彼の回復は病棟で続いており、時間がかかるでしょう「彼はこれをうまくやり遂げましたが、彼をここ(Twitter)に戻すことを期待しないでください。」ローゼン氏の妻も夫のアカウントからツイートし、ホイッティントン病院の「素敵な」NHSスタッフを称賛しましたローゼン氏の妻、エマルイーズウィリアムズ氏は、夫が集中治療を離れたというニュースをツイートし、また、著者自身のTwitterアカウントからNHSスタッフに感謝したことを3月22日、著者はソーシャルメディアで自分の病気を訴え、ツイートした:�「サーモスタットをcraから止められないshing:氷のような手、熱い頭。冷や汗をかく。ベッドを壊す揺れのためのカバーの下。ハンキーを噛んでいる戦争の主人公の画像、最高の仲間が生きている木炭を傷に突き刺してそれを焼灼している。」苦痛。持続的な咳はありません。だから、ずっとそれは重いインフルエンザであり、コロナではなかっただろう。今日、熱は衰えています。彼らの代わりに深い筋肉疲労。 2007年と2009年に児童賞を受賞したローゼン氏は、子供向けの小説「リトルウサギフーフー」も執筆しました。また、2008年にNHSについての詩を書きました。まず触ってください/頭を感じてください/脈を見つけてください/そしてあなたのベッドを作ってください。 広告 続きを読む
Related Posts